個人輸入代行で注文|レビトラ・ミノキシジルを使って男性のコンプレックスを解消

個人輸入代行で注文

部屋の隅にいる男性

個人輸入代行サービスとは、簡単に言えば、医薬品の販売を専門としている通販サービスのことです。
医薬品以外の商品は一切取り扱っていないため、ふつうの買い物をすることはできませんが、医薬品であればあらゆる種類が揃っています。
もちろん先ほど紹介したレビトラのようなED治療薬も取り扱っており、クリニックに通うことなく、個人で簡単に注文・購入できるようになっていますよ。

処方箋医薬品を購入するためには、医師が出す処方箋が本来必須です。
しかし、それはあくまでも日本国内で医薬品を購入する場合の決まりであって、海外で販売されている医薬品には関係のない話です。
個人輸入代行サービスでは海外から輸入した医薬品のみを販売しているため、たとえ日本国内で処方箋医薬品に指定されている医薬品であっても、処方箋なしで購入することが許されているのです。
ただし、個人輸入代行サービスを利用して医薬品を注文・購入する場合、必ず「個人の利用目的のため」でなければいけません。
個人輸入代行サービスを使って購入した医薬品を第三者に贈与してしまうと、それは違法行為になってしまうので注意しましょう。

また、ネット上で販売されている医薬品の品質についてですが、こちらも安心していただいてかまいません。
個人輸入代行サービスで販売されている医薬品はすべて、成分鑑定によって正規品だと認められた医薬品です。
含まれている成分や効果の安全性が約束された医薬品しか取り扱っていないため、安心して購入・服用できますよ。